中学受験算数勉強方法

たまごをこわす問題〜売買、売る前に商品が壊れてしまった場合の利益

2021/10/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TANUKI
大手中学受験塾で主に算数の講師をしています。算数以外にも受験生の学習方法や進路相談などもしております。それらの業務で経験していることをお伝えしていきます。

こんにちは。TANUKIです。

今回は売買の問題でもかなり苦手意識の高い問題、「商品が壊れてしまった売買」についてです。もちろん「売れ残り」でも同じことがおきます。

例題

たまごを1個15円で仕入れて20円で売ることにしました。途中で18個割れてしまったのですが、残りはあまらず売れたので利益が2340円出ました。仕入れたたまごはいくつありますか。

最もよくある間違えは486個ですね。

2340÷5+18=486

18個の損失を上手く考えられていないケースです。実際にはもっとたくさん売らないと18個分の損失がカバーできていないはずです。この説明で納得できなくても試してみるとわかります。

もし486個仕入れたら…

468個は仕入れて売ってるので468×5=2340円の利益

残りの18個は仕入れて捨てているので15×18=270円の損失

2340−270=2070円の利益となります。

1個仕入れて1個売ると5円のもうけが出るのですが、仕入れた個数と売った個数に差があるので簡単にはいかないんですよね。だったら差をなくしてしまうのが簡単です。その時の方法は大きく分けると二種類です。

①こわれたたまごも客に売ってしまう(売った個数に合わせる)

②こわれたたまごは業者に返品する(仕入れた個数に合わせる)

自分がどちらの立場で計算しているかはしつかり把握して進めましょう。

解法①

こわれた18個を客に売りつけるといくら売り上げが増えるか考える。

20×18=360

そのときの利益は

2340+360=2700円

1個仕入れて1個売ると5円もうかるので

2700÷5=540個

解法②

こわれた18個は業者に返品して、返金してもらうことを考える。

15×18=270円返ってくる(たまごの個数は18個へる)

仕入れ金額が減った分、最終的な利益が増えることになる。

2340+270=2610円の利益

1個仕入れて1個売ると5円の利益なので

2610÷5=522個

もともと仕入れた個数は522+18=540個

1個あたりの利益がわかっても個数がずれていたら上手く計算できません、個数をそろえることが大切です。その際に、上記のように意味を理解しながら式を立てましょうね。

この記事を書いている人 - WRITER -
TANUKI
大手中学受験塾で主に算数の講師をしています。算数以外にも受験生の学習方法や進路相談などもしております。それらの業務で経験していることをお伝えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 受験算数を攻略する , 2021 All Rights Reserved.