中学受験算数勉強方法

公開メモ(期間限定公開)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TANUKI
大手中学受験塾で主に算数の講師をしています。算数以外にも受験生の学習方法や進路相談などもしております。それらの業務で経験していることをお伝えしていきます。

こちらも人気です。

【復習命】模試を使った勉強方法

もしかしてカンニング?

クラス替えの仕組み

全問コメント

6年生

大設問1

(1) 間違えられない問題です。

(2)答えの正誤よりしっかりと分配法則が使えているか確認したいです。

(3)分数の計算をマスターしたいです。これが違うようでしたら五年生までの計算を徹底してやりなおしたいです。

(4)わり算は分配法則しないようにしましょう。四則混合逆算とはいえこのぐらいは基本といえます。

(5)四則混合逆算の解き方を身に付けたいです。いまは正答率が低いでしょうが受験するまでに身につけないといけません。

(6)単位換算の基本です。キロは×1000やミリは÷1000という意味を知っておきましょう。

大設問2

(1)比の超基本です。要確認です。

(2)よくある角度の問題です。身に付けておきたいですが、もうすぐまた図形の学習が始まるのでそこで出来るようにしたら大丈夫です。

★(3)最近の学習が身に付いているか確認できる問題です。この問題ができている子はGW中のがんばりが認められます。

★(4)こちらも最近の内容です。出来ていてほしいです。

☆(5)こちらは少し前、2月頃の内容です。最近の内容は仮に正答率が低くてもやり直しておくことが大切です。

(6)これは難しいですね。すべて選べは正答率が下がります。平均のとりうる範囲と整数で割ることでありうる数字を考えることが大切です。

★大設問3

差一定の倍数算の問題です。後ろの難問ではなくこういった問題に時間をかけることが模試でも本番でもとても大切です。線分図を描きましょう。

(1)(2)ともにとりたいです。

大設問4

この問題は場合の数への取り組みを確認する大切な一問です。

(2)と(3)も含めて順番に書いていけば難しくない問題です。場合の数を下手にテクニックで解こうとせずに丁寧に書き並べる姿勢を身に付けましょう。必ず解き直したい一題です。

大設問5

図形の折り返しです。正三角形の性質も登場しています。(1)と(2)がヒントになっています。折り返しの問題は同じ部分をチェックしていきましょう。

大設問6

点の移動の問題です。

・グラフは折れるところの意味を考えること

・図形に時間や速さの情報を書き込むことが大切です。

二点の移動になるのでややこしく難易度高めです。そんな中でも(1)は少し易しめだったりするのでそういったところは逃さずにとりましょう。

大設問7

見慣れない問題ですが、数字のならびから2進法が関係していることが予想できると思います。図に三角形しかないですが、(2)でおかしいときがつけば、四角形や五角形、六角形もありだと読み飛ばしていても気がつけると思います。

今回は大設問4がカギでした。

大設問5もできるようにしたいですが、図形はこれからも学習できる機会が多いです。

やりなおしについてですが、偏差値50に届かないなら大設問5以降は触らなくていいです。50台なら5

60以上なら全問見ておくとよいでしょう。偏差値60台の子が学習段階で捨てるほどの難問はありません。

偏差値60前後の子にとって、今回は大設問4と5で決まる問題でした。それより前は取らないといけないし、それ以降は難度が高かったです。

図形と場合の数は苦手にする子が多い分野です。自分の解いた様子をふりかえっておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
TANUKI
大手中学受験塾で主に算数の講師をしています。算数以外にも受験生の学習方法や進路相談などもしております。それらの業務で経験していることをお伝えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 受験算数を攻略する , 2019 All Rights Reserved.